洗っても洗っても頭皮がかゆくなることってありますよね。

そこで頭皮がかゆくなる原因について調べてみました。

まず、知っておくといいのは、薬局やドラッグストアなどで販売されているシャンプーを使用している人に頭皮のかゆみの悩みを持つ人が多いということです。

というのは、市販のシャンプーは、洗浄力が強いシャンプーが多いのです。どんなタイプの頭皮にも対応できるように汚れを落とす洗浄力が強い成分が入っています。で、頭のかゆみで悩んでいる場合、かゆみを取りたいがためにて、つい強めにゴシゴシと洗ってしまいがちになります。

頭皮には潤いを維持するために必要な皮脂があります。市販の洗浄料が強いシャンプーでその皮脂を取り除いてしまうと、潤いがなくなり肌が乾燥し、かゆみを伴うことが多くなるというわけです。

これは台所用洗剤を使い、食器を洗ったあとに手がカサつく場合と似ています。

また、頭皮が乾燥することもかゆみも元になります。入浴後のケアとして、化粧水、乳液を使う人でも頭皮には気をつけていないケースが多いのではないでしょうか。

頭皮も顔と同じ皮膚です。冬場などは、気温、湿度ととも低く、頭皮を含め肌が乾燥しやすくなります。
また、夏場も冷房が効いた室内ではやはり、頭皮が乾燥してしまいがちです。

しっかりと保湿ケアをしましょう。

シャンプーの洗い残しも要注意です。皮膚には、余分な皮脂を餌にしている皮膚ダニやマラセチア菌がいるんです。これは、誰でも自然に生息しているものですが、シャンプーの洗い残しとかで、皮脂が過剰分泌されると、皮膚ダニやマセラチア菌が繁殖しやすくなってしまい、それが元で頭皮に炎症を起こしてしまうことになり、かゆみにつながるのです。
なので、シャンプーはしっかりと落としましょう。

また、汗疹いわゆるあせもやアトピー性皮膚炎、フケ症などもかゆみの原因になります。最近では、乾癬とか頭皮白癬などが女性にも増えてきているといわれていますよ。

では、どうするのがいいのかというと、頭皮のかゆみ解消には保湿と適度な洗浄が大事なのです。

で、おすすめなのが、アミノ酸シャンプーなのです。アミノ酸系シャンプーは、アミノ酸系の洗浄成分が使われています。アミノ酸系洗浄成分の基本は、市販シャンプーなどの石油由来の洗浄成分より、洗浄力がマイルドです。

また、皮脂汚れを適度に落とせるので、頭皮に必要な保湿も維持できるのです。