切れ毛や枝毛がない健康的な髪のためには、シャンプー選びって大事です。

ただ、どんなシャンプーがいいのかは、かなり迷いますよね。いろいろとありますから。
まず、気をつけたいのは、CMのイメージに惑わされないことです。
シャンプーなど女性が中心の商品とかは、有名なタレントさんをつかったイメージアップのCMが多いと思いますが、確かに有名人や芸能人が宣伝していると「いいシャンプー」という気がしますが、必ずしも髪に良いことにはつながりません。

やはり、シャンプーが髪にいいのかどうかは、含有成分に左右されます。
たとえば、石油系界面活性剤などは髪にはよくありません。

なので、いちばんのおすすめは無添加アミノ酸系シャンプーです。理由は石油系界面活性剤を使用していないからです。

石油系界面活性剤入りのシャンプーは、市販のシャンプーに代表されますが、これはより多くの人を対象としているから、その分万人に対し、しっかりとした洗浄力が必要になります。強力な洗浄力により、水分と皮脂のバランスが崩れやすくなり、頭皮が乾燥しやすくなるのです。

値段が安いので多くの人が利用していると思いますが、リスクも有るんですよね。
とくに年齢と共に髪のダメージが蓄積し、頭皮への負担が大きいシャンプーでは、かゆみ・フケといったトラブルも増えます。

そこでおすすめなのがアミノ酸系シャンプーです。
石油系界面活性剤を一切使っていないものなら尚ベストです。アミノ酸シャンプーは、汚れを落とし、頭皮に必要な適度な皮脂を残してくれ、乾燥をおさえ、スカルプケアにも適しています。

で、シャンプー選びのときには、かならずボトルの裏面をチェックして、含有成分をみましょう。

注目すべきは、界面活性剤の成分名です。そのものズバリで記載されているとは限りません。特に避けたいのは、石油から合成される石油系界面活性剤で、その場合、ラウレス~とかラウリル~といったものが含まれます。

ラウレス硫酸Naは、強い脱脂力があり、頭皮への刺激も強いのです。
そのため、頭皮細胞のタンパク質が破壊されて、頭皮が荒れたり、抜け毛や切れ毛の原因になりやすいのです。

また、ラウリル硫酸アンモニウムは、洗浄力や脱脂力が強いので肌への刺激も大きいのです。